MENU

「総量規制」って何?

一時期、過度の借入金のせいでクビが回らなくなり、自己破産する人や自殺までしてしまう人が続出、当時の大手消費者金融が過度に利子を徴収していたことも併せて一気に社会問題化したことがありました。これらを反省材料にして新たに国が制定した法律が、「総量規制」です。

これは何かというと、消費者金融は借主の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはならないという法律です。これは一社だけの問題ではなく、例えば年収300万の人にすでにモビットなどが50万円を貸していたら、プロミスが同じ人に貸せるのは最大で50万円になってしまうということ。全ての借金を足して年収の3分の1を越えなければ大丈夫だということです。

 

総量規制の抜け道は

総量規制が適用されるのはプロミス、モビット、アコム、アイフルなどといった消費者金融であり、基本的に銀行のカードローンは対象外です。もし銀行のカードローンにも適用されてしまったら住宅ローンや自動車ローンなどがほとんどの人が組めなくなってしまいますよね。
そのため、銀行のカードローンをならばいくらでも借金をすることが出来ます。そのほかにも、保険の払戻金を担保にお金を借りる方法もあります。
しかしこの「総量規制」、もともとは借り主を保護するために作られた法律です。借金は多ければ多いほど返すのも大変。しっかり計画通りに返却できる程度に借り入れを抑えておくのがベストではないでしょうか。