MENU

プロミスが協賛!エッセー大賞!

プロミスが協賛している随筆をご存知ですか?

随筆とは、自己の見聞・体験・感想などを、筆に任せて自由な形式で書いた文章のことです。エッセーとも言いますね。
プロミスは「約束」(英語ではプロミス)をテーマにしたエッセーを募集して、著名な文化人がそれを選考し、入賞者を決めて賞状や賞品を贈与する「約束(プロミス)エッセー大賞」というイベントを産経新聞社主催・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社協賛で毎年行なっています。入賞者には賞状と賞品が贈呈されます。
エッセーを通じて人生を見つめ直し、人間関係・約束の大切さを再認識することを基本コンセプトに、1995年にスタートし、2017年の今年は21回目を迎えました。
若い人から年配の方まで、性別年齢に関係なく幅広い応募があり、自分への約束、大切な人との約束、未来に向けた約束など、自分の想いをエッセーにして自由に表現することができます。

 

応募方法

形式は3種類あります。
1つ目は原稿用紙。A4サイズ・縦書き・400字詰め原稿用紙4枚以内。
2つ目はパソコン。A4サイズ・縦書き・20×20の400字で4枚以内。
3つ目はEメール。横書き1600字以内。
別紙にタイトル・氏名・住所・電話番号・年齢・性別・職業・何を見て応募したかを明記します。
残念ながら2017年1月16日で今年の分は閉め切られてしまいましたが、興味のある方は、ぜひ、次回応募してみませんか。
3月下旬には産經新聞朝刊と産經新聞社ホームページで、大賞1点と優秀賞2点が掲載されるので、ぜひご覧下さい。